シミ取りの内服薬

シミ取りの内服薬で有名な成分と言えば、トラネキサム酸があげられます。元々、トラネキサム酸は、止血を目的として使われていた薬だったようです。一般的なシミではなく、ホルモンが原因でできる肝班というシミ取り用に、トラネキサム酸が処方されることが多いようです。トラネキサム酸を3カ月飲み続けることで、シミ取りが可能になります。長期間に渡ってトラネキサム酸を使う時は、3ヶ月飲んだら3ヶ月停止するといった飲み方をすることになります。

この他に、シミ取りに効果があるという栄養素をサプリメントで取り入れるという方法もあります。ビタミンC、Eが配合されているサプリメントを飲むことで、お肌の調子が改善されるといいます。ビタミンのサプリメントは、日焼けが気になる時には積極的に利用することをおすすめします。サプリメントでビタミンの成分を積極的に取り入れれば、それでシミ取りができるということはありません。シミ取りにビタミンが効果があるというのは、ビタミンを摂取することで皮膚が新しく作り直されやすくなり、シミがある古い皮膚を体から出しやすくなるためです。ビタミンは免疫力を向上させる機能があるため、お肌にシミができにくくなり、きれいな肌を保ちやすくなるといいます。

サプリメントや栄養素でシミ取り効果があるものもありますが、皮膚科で診察を受けることで、シミ取り治療薬が処方してもらえます。シミ取りのために薬を出してもらえば、効力は飲んで間もなく確認できるものが多いようです。いざとなったら皮膚科も考慮に入れるといいのではないでしょうか。